逗子海岸
プラごみ削減プロジェクト

逗子海岸のゴミ、どこから来たの?
どうすればなくなるの?

例えば、お菓子の袋や、
スーパーのビニール袋。

風に乗って飛んできたり、
飛んで行ったり・・・
ビーチに持ち込むときは最後まで
責任を持って持ち帰ろう。

例えば、
マイクロプラスチック。

ありとあらゆるところから砂浜に。海藻などに混じって拾いにくい状態になっています。どこから来るかわからないからこそ、プラスチックに依存しない生活をしていくべきですね。

例えば、タバコ。

まちの側溝にポイ捨てしたら川を流れて逗子海岸に・・・砂浜でポイ捨てなんてもってのほか。空き缶に突っ込んで捨てるのもやめて!

  • 海岸のゴミの7割が河川からの流出と言われています。

メッセージ

あなたが持ち込んだプラスチックゴミ、スナックの袋、ビニールシート、ペットボトルなど適切な処理をしなければ海洋に流れ込み、半永久的に海中を漂います。海水浴中にビニーなどが体にまとわりついたりしたことはありませんか?せっかく気持ちよく海水浴したいのに、とても不快な思いをしますよね?あなたが目を離した隙に、ビニール袋、スナックの袋、プラカップが飛んで行ってしまったら?それらが海の方へ飛んで行ってしまったら?誰かが海中に拾いに行かなければそれらが海洋生物の命を奪うことになるかもしれないのです。私たち逗子海岸営業協同組合は、次の世代もこのビーチを楽しんでもらいたいから、誰にでもできる小さなアクションを大切にしていきます。まずは今ここにいるわたしたち(海の家の事業者、逗子海岸を楽しみに来る来場者)にできることから、見えるところからはじめませんか?

わたしたちにできること

海の家の人たち

逗子海岸に遊びに来る人たち

リユースカップ

LEAVE NOTHING BUT FOOTPRINTS

“プラスチックを出さないビーチを目指して”

逗子海岸は使い捨てのプラカップはもう使いません。
代わりに、長く繰り返し使えるリユースカップを使用します。
飲み終わったらお店に返却してください。

  • 逗子海岸では砂浜での飲食は禁止されています。
    お酒の入ったカップは店外に持ち出さないようにお願いします。

HOW TO KEEP THE BEACH CLEAN

ビーチクリーンを楽しみましょう

逗子海岸は風や潮の流れによって、大量のゴミが漂流することもしばしば。
海岸のポイ捨ても残念ながら見受けられます。綺麗な海岸を保つには、気がついた時にこまめにビーチクリーンをすることが大切です。
みなさんも散歩のついでに、ビーチクリーンしませんか?

よくある質問と注意!

分別についてよく質問されます。逗子海岸では上記のとおり分別してください。
また、以下に注意してください。